リサーチ 南半球スローライフ Padre Coffee @ Brunswick East

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Padre Coffee @ Brunswick East

Lygon Streetをひたすら北上した、
Brunswick Eastにあるこだわりコーヒーの店、
Padre Coffee。
padrecoffee00.jpg

初めての出会いはSouth Melbourne Market内で見かけて
たまたまTake Awayをした時でした。
かなりおいしいコーヒーで、いつかBrunswick Eastのお店も訪ねてみようと
思っていて、昨年一度訪れたことはあったのですが、
今回、改めて行ってきました。

というのも、このお店、
私がずっと魅惑されている、Ottoのデモをしてくれるんです。
日本語を教えてあげていて、同じくOttoに魅了されているJさんと一緒に、
今回は通常の日本語レッスンもそこで行うことにして、Ottoのデモの見学に行ってきました。

まずは、カフェにてラテを注文。
padrecoffee01.jpg
美しいラテアートにうっとり。

しばらくコーヒーを楽しんで、日本語レッスンも手短に終わらせて
ゆっくりしていると、デモをしてくれるバリスタが声をかけてくれました。

いよいよ、デモが見学できる!と、二人でわくわく。

まずは、Ottoの内部構造や、一般的にコーヒーを入れる際の注意点などを
説明してくれ、いざ、コーヒー抽出。
padrecoffee02.jpg

コーヒーは、2~3滴が少しずつ落ちてくる、ゆっくりペースで抽出されます。
padrecoffee03.jpg

次に、ラテ用のミルク作り。
ラテのミルクは、こだわりの産地直送を使用されているそう。
padrecoffee05.jpg
ラベルもとってもかわいい。

できあがったラテがこちら。
padrecoffee04.jpg
ミルクも非常になめらかな仕上がりで、
家庭で、エスプレッソマシンがなくてもこれだけのラテが作れる、となると、
やっぱりとても魅力的です。。。

しかし、このStovetop、独特の構造なので、
温めるまでに約10分、コーヒー抽出に3~4分、
マシンの熱が冷めるまでにまた10分はかかるとのこと。

一度に入れられるコーヒーの量は、エスプレッソ2杯分なので、
二人でゆったりと、その様子を見る時間も含めてコーヒーを楽しみたい、
という人にぴったり。

例えば4人いて、次の2人分のコーヒーを入れる際にはどうすればいいですか?
と聞いてみましたが、基本的には、マシンが冷めるまでまってから、
最初の行程を繰り返すそうなので、大人数分のコーヒーを入れる
パーティーなどの場面には向いていなさそうでした。

一度に入れられるコーヒーの量に限りはあるけれど、
電圧を気にしなくて良いのでどこの国に行っても使えるし、
あのなめらかミルクでのラテの仕上がりの良さは非常に魅力的。
とはいえ、じゃあ買います、とすぐに買えるようなお値段では無いので
これから少しずつOtto貯金をして、いつかは買えるといいなあ、と思います。

そして、今回すばらしいデモをしてくれたバリスタのお兄さん、
とっても親切で丁寧に教えてくれ、大感謝。ありがとうございました。

-info-
Padre Coffee -the brunswick east project-
438 lygon street, brunswick east vic 3057
open hours
monday-saturday 7:30am-4pm
sunday 8:30am-4pm
phone/fax: 03 9939 8422
スポンサーサイト

テーマ : メルボルン - ジャンル : 海外情報

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。