リサーチ 南半球スローライフ ウルル旅行記 -その4- ウルル サンセット編

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウルル旅行記 -その4- ウルル サンセット編

ウルル旅行1日目、カタ・ジュタへのツアー後に向かったのは、
ウルルのサンセットツアー。

ウルルのサンセットを見に、ビューポイントまでバスで向かいます。

個人でレンタカー等で回っている人や、他のツアーの人等、
既にビューポイントは観光客でいっぱい。
Usunset01.jpg

念願のウルルが目の前に。
Usunset03.jpg

一応ツアーなので、折り畳み椅子を貸し出してくれ、
各々椅子を持ち、好きな場所で場所取りをして、
サンセットの時間を待ちます。

ツアーではワインとピーナツのおつまみも配られ、
ワイン片手に少々ほろ酔い気分に。
Usunset04.jpg

変わった鳥が、おつまみのくずを狙いにやってきました。
Usunset02.jpg

日中は日差しが非常に強く、歩くと汗が出るくらい暑いのですが、
日が沈むとかなり寒くなるので、防寒着を持ってきていて正解でした。

ツアーガイドさんからは、自分の好きなポイントを見つけたら、
その場所から動かずに、少しずつ時間をおいて撮影するといいよ、
とのアドバイスがあり、私もそれに従い、定点カメラ撮影作戦。

最初は明るい日差しの中鮮やかな色をしたウルルが、
夕焼けの太陽に照らしだされて、少しずつ色を変え、
時には燃えるような赤になり、
日が沈むのと同時にうす暗く、岩肌も夕闇に同化していくのがとても綺麗でした。

私の定点カメラ作品を載せてみます。
綺麗な色の変化の様子が少しでも写真から伝わるといいのですが。。

Usunset05.jpg

Usunset06.jpg

Usunset07.jpg

Usunset08.jpg

Usunset09.jpg

Usunset10.jpg

Usunset11.jpg

Usunset12.jpg

Usunset13.jpg

・・・いかがでしょうか・・・。

一番最初の写真から、最後の写真までの時間、およそ20分間。
その短い間に、ウルルはこのように色を変えていきます。
この写真たちを見た友人には、同じような写真が何枚もあるねえ・・・
と笑われてしまいましたが、実際に目の前でその瞬間瞬間に色を変えていくウルルを、
どうにかして写真に収めておきたい!、と、私なりには頑張って撮ってみたのでした。

一点だけ、残念だったのが、周りで同じようにサンセットを見ていた
観光客の人たちのマナー。
特に、私達の真後ろ辺りには、日本人の団体さんがいたのですが、
折角の、美しいサンセットを眺めているというのに、
ずっとおしゃべりしまくっていて、声量も結構なボリュームだし、
日本語だから話している内容がダイレクトに耳に入ってくるし、
ムードが壊されてしまいました。。

こういう場所では、お互い様、なのですが、
他の人のことも考えて行動してもらいたいものです。

最後に、私が撮影したサンセットのウルルの中で、
一番赤く染まっているかな、と思う写真を一枚。

Usunset15.jpg

本当に、美しいウルルが見られて、良かった。

ウルル旅行記 -その5- キングス・キャニオン編 に続く。
スポンサーサイト

テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。