リサーチ 南半球スローライフ Domaine Chandon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Domaine Chandon

メルボルンから車で一時間ちょっとのところにある、
オーストラリア国内でも有名なワイン産地、ヤラ・バレー。

2007年に初めてオーストラリアに来てから、
親戚や友人が来たり、夫の会社の人が来たりする度に
何度となく訪れているのが、Domaine Chandonのワイナリーです。

chandon1.jpg

chandon2.jpg

ヤラ・バレーには一日ではとても周りきれないほど
大小数多くのワイナリーがありますが、
このDomaine Chandonの親会社は、
フランスの有名なモエ・エ・シャンドン(Moet & Chandon)、ということもあり、
その有名さ・綺麗さ・高級感、等を考えると、
結局、毎回このDomaine Chandonを案内しています。

今回も、日本からの友人を連れて行ったのですが、
何度となく訪れていたにもかかわらず、
初めて、ワインの試飲をしてきました。

試飲は無料のものと、有料のものがあり、
有料のものについては、一つ試飲するたびに支払うか、
$5支払って、全種類試飲するか、選択できます。

友人はかなりやる気だったので、私も相乗りして全種類試飲することに。

chandon3.jpg

さすがに、スパークリングワインはどれも素敵で迷いましたが、
折角ワイナリーまで来ているので、通常酒屋さんでは買えない
白のスパークリング、Chandon Prestige Cuvee 2002、を購入することにしました。

chandon4.jpg

お値段もかなりしますが、その分とても上品で華やかなスパークリングでした。
ドライバーである夫は残念ながら試飲はできませんでしたが、
「ボトルに高級感がある」、と、彼なりに気に入ったようでした。
友人も日本へのおみやげに購入。
我が家のボトルは、クリスマス・パーティーで、みんなでおいしくいただきました。

さすがに全種類は試飲できず、飛ばし、飛ばしに試飲したものの
試飲後はかなり酔っぱらってしまいました。

この日は、別のレストランへ行く予定があったので入りませんでしたが、
このワイナリーには、ワイン畑が一望できて、おいしいワインと
ライト・ランチ(軽めのランチ)が楽しめる、レストランも併設されています。

2年前に行った時の写真ですが、
スパークリング・ワインのテイスティングセットは、
見た目も綺麗でおすすめです。

chandon6.jpg

ランチも、ライト、とはいうものの、日本人女性で小食の人には
ちょうど良いくらいのボリュームがあります。

chandon7.jpg

その他にも、期間限定でワイナリーのオリジナル・グッズも売られているので
ワイン周りのグッズが好きな方にはおみやげに良さそうです。
私は今回、かわいいワインボトルバッグを購入しました。

chandon5.jpg

また、Wine Clubに入会すると色々とお得な特典があったり、
時々ワークショップが行われていたりするようなので、
ワイン好きの方はさらに楽しめるのではないかと思います。

-info-
Domaine Chandon
727 Maroondah Highway,
Coldstream VIC 3770
Tel. 03 9738 9200
Opening Hours:
Open from 10.30am to 4.30pm
daily except for Christmas Day
http://www.chandon.com.au
スポンサーサイト

テーマ : メルボルン - ジャンル : 海外情報

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。