リサーチ 南半球スローライフ The Croft Institute

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Croft Institute

メルボルンのクールなバーの鉄則は、
大通りに面していなくて、路地裏にあって簡単には見つけられない、
『隠れ家的』であること。

・・・ということは、メルボルンのInformation Centreに置いてある
ガイドマップ等にもよく書いてあることですが、
こちらのバーも、その鉄則がしっかり守られたバーのひとつ。

かなり有名なので、一度は行ってみたいと思いつつ、
金曜や土曜の夜だととてもではないけれど人気過ぎて入れないだろう、と思っていたので、
なかなか行けずにいましたが、
たまたま今回、平日の夜に二軒目を探していた時に行ってみることにしました。

場所は、チャイナタウンの路地裏なのですが、
既に落書きがいっぱいで、なんとも危険な雰囲気。
croft1.jpg

croft2.jpg

路地裏のさらに先をすすんだところに、バーらしきものがありました。
croft3.jpg

一応看板もあったので、少し安心。
croft7.jpg

平日だったせいか、ガードマンの身分証明書チェックも無く、スムーズに入ることができました。

何度も写真では見たことがありましたが、有名なバーカウンターは、
実物も素敵でした。
croft4.jpg

バーテンダーのお兄さんもなかなかフレンドリーで、
私は一番おすすめと言われた、ハニーコニャックのカクテルを注文。
croft6.jpg
見た目も綺麗で味もおいしく、少々アルコール高めで、大満足。

こちらの注射器つきドリンクも、とってもユニークでお店の雰囲気ともばっちり。
見ているだけで楽しかった。
croft5.jpg

またいつか機会があれば、平日の夜に他のカクテルを試しに行ってみたいと思います。

-info-
The Croft Institute
21 Croft Alley in Chinatown
http://thecroftinstitute.net/
スポンサーサイト

テーマ : メルボルン - ジャンル : 海外情報

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。